山口大学大学院医学系研究科病態制御内科学(第三内科)

藤岡 侑香

藤岡 侑香Yuka Fujioka

第三内科に入局して

初期研修を終え、入局して一年が経ちました。第三内科は、血液チームと糖尿病・内分泌チームに分かれており、半年ずつ診療しました。どのチームも相談しやすく、とても雰囲気のよい医局です。

現在診療している血液チームでは、移植や化学療法が主な治療となります。病気や治療に伴う合併症が多岐にわたり、身体所見や検査所見を丁寧に拾い知識と照合して総合的に深く考察する、内科の神髄ともいえるところが魅力の一つと思っております。また、長期の入院をする患者さまや一生付き合っていかなければならない疾患の患者様が多く、長期的なプランを計画して病気だけでなく精神的、社会的な面などからも全人的な治療を行っていくのも特徴です。

カンファレンスでは積極的に議論したり定期的に抄読会を行ったりと教育や勉学面も充実しています。最新の情報にアップデートして日々の診療に役立てるよう皆研鑽しており、とても刺激されます。入局して良かったと心から思う一年でした。これから皆さんと一緒にお仕事ができるのを楽しみにしております。

淀川 千佳

淀川 千佳Chika Yodogawa

私は、山口大学医学部附属病院、関門医療センターにて初期研修を行いました。第三内科の研修において、指導医の先生方の背中を見て、内分泌代謝・血液分野に進みたいという気持ちが強くなりました。患者に寄り添った医師になりたいと思っています。大学病院ではチーム制で入院診療を行っており、屋根瓦式で研修できます。代謝疾患の管理、抗癌剤や抗菌薬の使い方まで幅広く内科の基礎を習得できることも魅力です。当科に興味のある方も、まだ悩んでいる方も、是非ローテートしてください。一緒に働けることを楽しみにしています。